MUM-urushiproducts Mugihiko kikuchi. Urushi Fishing Tackle

kiik mugの話2

kiik(キーク)シリーズ第1弾

今回はkiik mugのデザインと収納についてお話しします

クッカー,コッヘルに合わせたシンプルな形

側面は垂直ではなく,やや内側に入り込むことで品のあるデザインにしました

内側は最大限に木を薄くし,320mlの容量を確保しました

加飾は錫粉を蒔いて,飲物や主菜が際立つようにしました

裏側は安定性を考えてフラットな高台に仕上げています

また、傷が一番気になるところなので乾漆粉(漆粉)を蒔いて補強しています

アクセントにもなりますね

続いて、、

コンパクト且つ安全な収納

アウトドアでは様々なアクティビティ ,用途がありますが

そのような中で漆器が一番心配な事は「運ぶ」です

kiik mugは「運ぶ」を考えたデザインにもなっています

こちらは市販のアルミ製ソロクッカー

小さいガス缶が入るタイプです

そのガス缶にkiik mugを逆さにして被せます

そしてそのままクッカーの中へ

ぴったり入ります

蓋も閉まります

取り出すときはクッカーを逆さにすると取り出せます

これで安全且つコンパクトに運ぶことができます

 

ということで、今回はここまで

次回は素材、強度、お手入れ方法をご紹介します

展覧会情報


アーカイブ
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031